耐用年数を意識した素材選びが重要

新築の家を建てる場合、どのような素材を使用して外壁や屋根を作っているのか、ということが確認すべきものの一つとなります。生活をする上で内装ばかりに気が行ってしまい、外壁などには無頓着になりがちですが、しっかりとした素材を選ばないと耐用年数が少なくなり、メンテナンスに費用がかかってしまうことも多いです。このようなリスクを軽減するためにも、屋根や壁材の素材はどのようなものなのかをしっかりと調べることが重要になります。

屋根においては近年日本瓦を使用することは少なくなりました。昔ながらの日本家屋の雰囲気を出すことができ、岩石が風化してできた土を瓦の形に圧縮し、乾燥させて高温で焼いたものであるので、屋根材の中で最も耐用年数が長いです。おおよそ50年から100年と言われるほど長いのですが、大変重いデメリットがあります。瓦に代わって使用するようになったのはガルバリウム鋼板やスレートであり、ガルバリウム鋼板の耐用年数は30年から50年、スレートは20年から25年です。どちらも日本瓦に比べると軽いので、耐震性や耐火性に優れており、さらに価格も低めであるので施工しやすいメリットがあります。

壁では塗り壁、窯業系や金属系、木質系のサイディング、モルタルやALCなどがあります。窯業系サイディングは耐震性や耐火性に優れ、金属系は防音性と防水性に優れています。ALCは特殊なコンクリート外壁材であり、断熱性が優れているほか耐火性や防音性が高いです。塗り壁もまた日本瓦のように日本の伝統的な外壁材ですが、職人の技術力によって耐用年数が変わる特徴があります。なお漆喰の場合は100年ほどもち、さらに天然素材を原料としているので、シックハウス症候群などの化学物質過敏症の人も安心して使用することができます。

外壁や屋根は性能とともに外観のデザインと合うか、予算はどうかなどを考える必要があります。ですがあまりにもデザインや色に注目したり、費用を削減しようと素材選びを慎重に行わないと、数年後に壁のひび割れが生じるなどメンテナンスに費用がかかることが多くなってしまいます。また木造住宅の場合は、調湿効果があるかも重要であり、カビや湿気対策を講じたものにしないと結露しやすくなり、素材がひび割れを起こすなどの状態になります。長く家に住むには素材の選び方が重要となるので、耐用年数がどの程度なのかを意識し、適切な時期にメンテナンスをしていくようにします。