ローコスト住宅を建てる前にイメージを膨らませよう

ローコスト住宅は安さだけがイメージとして残りますが、実際にはそれぞれのハウスメーカーごとに特徴があり、設備が充実していたり性能が高かったりすることが多いです。ローコスト住宅には自由度が一般的な注文住宅に比べて低い、住宅性能や保証に心配が残る、設備の基本グレードが設定されているなどの面がありますが、一方で低価格な分住宅ローンの返済が軽減される、家族構成の変化によって建て替えやリフォームがしやすい、工期が短いので仮住まいの家賃を節約できるなどのメリットもあります。

ローコスト住宅を建てる場合、イメージとかけ離れないためにもしっかりと膨らませておくことも大切です。これは設備の基本グレードが低いため安っぽく見えることがあるためであり、何も考えないで建てると満足感を得ることができません。さらに材料費を軽減するために間取りの規格も決まっていることが多く、誰がどの部屋にするのかを明確にしながら造らないと、のちに希望通りにならないこともあります。そのため設備に関してはどの設備が使われるのか品番から検索をし、実際のものを確認するようにします。

間取りに関しては希望通りにいかないことが多いので、どの部分を重点にするかをイメージします。リビングにいる時間が長い場合は、リビングに集中して費用をかけるのが良いですし、キッチンを充実させたい場合は、その部分の設備を充実させることができます。ハウスメーカーから提案されたものをそのまま採用してしまうと、住んだ時に使い勝手の悪いものが多くなってしまうので、注意が必要です。

ローコスト住宅を建てる上で失敗や後悔しないためには、他の人のブログなどを参考にしてデメリットと言われる部分について知り、イメージを膨らませること、数社のハウスメーカーからカタログなどを取り寄せて調べ、比較検討することが必要です。カタログを取り寄せる場合は、一括して取り寄せできるサイトを利用すると簡単に気になるハウスメーカーを知ることができます。また家は一度建ててしまうとなかなかリフォームしにくく、間取りの変更もできません。そのため今現在だけでなく将来、どのように部屋を活用していくかもイメージすることが大切です。なお、ローコスト住宅は経費削減から一般的にモデルハウスを持つことはなく、内覧会のように実際に建てた人の家を公開することがあります。モデルハウスよりも現実に合ったものとなっているので、内覧会に数回参加し、より明確にイメージを膨らませていくようにします。